「岩手県保険医協会」国民の医療と健康の確保を図り、保険医の生活と権利を守る

 

TOPICS-お知らせ-

声明
2011.02.15

TPP特区常任理事会声明

日本の医療の市場化・営利化、国民皆保険制度の崩壊を招く恐れのある、「環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)」への参加と「総合特区法案」に強く反対します。

 

岩手県保険医協会は、「TPPへの参加」と「総合特区法案」が、日本の医療・介護に一層の市場化・営利化をもたらし、国民の命と安全を50年にわたり守ってきた国民皆保険制度の崩壊を招くのではないかと危惧しております。国民皆保険制度を堅持し、これ以上の地域医療崩壊を招くことのないよう強く求めるものです。

 TPP特区常任理事会声明(PDF形式)

2011年2月15日
岩手県保険医協会常任理事会

  • 会員専用ページログインはこちら
  • 待合室キャンペーン…ストップ!患者負担増の取り組みにご協力ください。クリックすると詳細をご覧いただけます。

「今こそ ストップ!患者負担増」
 署名のYouTube動画が完成!

Youtube「保団連チャンネル」
1分でよくわかる「TPP」

TPPで生じるメリット・デメリット。ニュースでは生産業にスポットが当たっていますが、皆様になくてはならない医療に関してもTPPは影響を及ぼしています。まずは「1分でわかるTPP」をみて概要を知りましょう!