「岩手県保険医協会」国民の医療と健康の確保を図り、保険医の生活と権利を守る

 

TOPICS-お知らせ-

声明
2015.05.28

参議院本会議において、患者、国民の声を無視して、医療保険制度改革関連法を可決、成立させたことに強く抗議する

2015年5月27日、参議院本会議において、医療保険制度改革関連法が自民・公明などの賛成多数によって可決、成立されました。本法は、医療・介護総合法と同様に、国民健康保険法、健康保険法、高齢者医療確保法などの重要な法「改正」が一括して提案されましたが、患者、国民から再三にわたり「審議を尽くせ」の声が寄せられたにもかかわらず、衆議院、参議院合わせてわずか37時間(参考人質疑を除く)の審議で可決、成立させたこと、一つ一つ徹底した審議が必要な法「改正」を一括し、国民にその内容を知らせることなく短時間で成立させてしまう手法は、議会民主制や国会審議を蔑ろにするものであり、強く抗議します。

 法案の中身についても、わずかな審議時間ながら、与野党を問わず、「経済的に厳しい患者さんが、食事代の自己負担額があがることによって、入院を断念し、重篤化してしまわないか。」「患者申出療養制度に関し、6週間でどのように安全性・有効性を確保するのか、将来的に保険収載に本当につながるのか」等、次々と懸念する点が出されましたが、こうした懸念に対し、政府は正面から答えず、「詳細は法案成立後に審議会等でつめる」との答弁を繰り返しました。

参議院参考人質疑では、患者団体から「患者や家族の声、生活実態を把握した上での議論なのか」との意見が出されているにもかかわらず、審議不十分での法案成立手法をみるに、政府が、患者さんや国民の困難な状況、切実な声を把握しているとは到底思えません。このような政府の姿勢に、私たちは断固抗議するとともに、命と健康を守る医師・歯科医師として、引き続き、患者さん、国民とともに、誰もが安心して受けられる医療を守る運動に全力を尽くします。

 

2015年5月28日
岩手県保険医協会会長
南部 淑文

 

参議院本会議において、患者、国民の声を無視して、医療保険制度改革関連法を可決、成立させたことに強く抗議する(PDF形式)

  • 会員専用ページログインはこちら
  • 待合室キャンペーン…ストップ!患者負担増の取り組みにご協力ください。クリックすると詳細をご覧いただけます。

「今こそ ストップ!患者負担増」
 署名のYouTube動画が完成!

Youtube「保団連チャンネル」
1分でよくわかる「TPP」

TPPで生じるメリット・デメリット。ニュースでは生産業にスポットが当たっていますが、皆様になくてはならない医療に関してもTPPは影響を及ぼしています。まずは「1分でわかるTPP」をみて概要を知りましょう!