「岩手県保険医協会」国民の医療と健康の確保を図り、保険医の生活と権利を守る

 

ABOUT-岩手県保険協会について-

岩手県保険医協会とは

岩手県保険医協会は、1978年9月に住民の健康と医療の充実をはかり、保険医の経営と生活、権利を守ることを目的に設立された、県内の医師・歯科医師約1000名が任意で加盟する団体です。

より良い医療制度を目指し、請願や署名に取り組み、県議会や国会に働きかけを行ったり、会員や一般の方を対象に、医療制度の学習会や各種講演会などを開催しています。

各都道府県の保険医協会により、全国保険医団体連合会(保団連)が組織されています。2016年現在、会員数は、医科約65,050人、歯科約40,350人の計105,400人となっており、医科、歯科とも開業医の過半数を超える保険医が加入しています。

  • 会員専用ページログインはこちら
  • 待合室キャンペーン…ストップ!患者負担増の取り組みにご協力ください。クリックすると詳細をご覧いただけます。

「今こそ ストップ!患者負担増」
 署名のYouTube動画が完成!

Youtube「保団連チャンネル」
1分でよくわかる「TPP」

TPPで生じるメリット・デメリット。ニュースでは生産業にスポットが当たっていますが、皆様になくてはならない医療に関してもTPPは影響を及ぼしています。まずは「1分でわかるTPP」をみて概要を知りましょう!